困る給湯器の水のトラブルを発生させないために

水回りの設備は、それぞれ役割を持っています。給湯器は給水された水を温めて、お湯として送り出していく設備です。便利なことに、すぐにお湯にできるようになってきたため、蛇口を開ければ設定温度に温められたお湯が出てきます。
いつでも使えて便利なだけに、トラブルを起こすとは思ってもいないでしょう。水漏れで困ることも想定していないはずです。早急に修理が必要ですが、状況によっては、給湯器の交換も考えておかなければいけません。

■給湯器が壊れる冬場の凍結

給湯器 水漏れの原因は、いろいろと考えられます。内部の配管や部品が壊れて水漏れを起こすのは、他の機器と同様です。配管が割れてしまえば、水のトラブルを引き起こします。経年劣化で割れてしまう場合もありますが、原因になるのはそれだけではありません。非常に困るトラブルとして、配管内の凍結があげられます。
給湯器には水が供給されていきますが、この水は気温が下がってくると凍ってしまう可能性が出てきます。自然の摂理ではありますが、水が凍れば体積は膨張し、内側から強い力がかかることになるでしょう。それも一瞬ではありません。溶けるまでの時間はずっと力がかかっています。これが、配管を破壊してしまう原因です。当然水漏れを起こす大きな問題で、致命的な故障になる場合もあります。

■給湯器には凍結防止機能がある

給湯器は、水を使っている以上、凍結することは想定済みです。屋外で使用することも凍結の原因の一部になるでしょう。そのため給湯器の電源が入っていれば、配管内の水が凍結しないよう自動で温める装置がついています。しかしこの凍結防止機能は、なにか問題があって電源が切れれば機能しません。間違って電源が抜かれているときや、停電が続いたときには凍結のリスクが上昇します。
万が一給湯器内の配管が凍結してしまった場合、熱いお湯をかけて無理に溶かしてはいけません。熱湯をかけることによって配管が傷むため、自然解凍を待つことが重要です。もしも、凍結後に給湯器から水漏れしているなら、すぐに専門業者に修理の依頼をしましょう。

■まとめ
凍結防止機能を持っている給湯器は、電源を抜いてしまう行為は厳禁です。自立して自分を守る機能を持っていても、電気がなければ働きません。長期間給湯器を使わないのであれば、ドレーンパイプを使って水抜きをするなど、電源を抜くのとは対処方法が異なります。大きな問題になれば、給湯器の交換も必要になるのですから、水のトラブルを起こさないように管理が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ