排水管が詰まった水のトラブル

水回りの設備には、排水管が必要になります。設備として使った水は、どこかに消えていくわけではありません。排水管から、下水に流して処理をしなければいけないでしょう。排水管は自然と流れるように傾斜をつけて作られていますが、どこかで詰まったりしてしまえば、流れなくなってしまいます。汚水が逆流することも起きるため、水のトラブルを起こさないように管理が必要です。

■トイレで異物が落ちてしまったとき

排水管の水のトラブルは、いろいろとあります。その中で、異物が詰まった状況は、水を流すことができなくなる致命的な状況です。排水管詰まりの原因の多くは、トイレの便器に異物を落としてしまったときでしょう。トイレにはかなり大きな配管が使われていますが、携帯電話などを落としてしまうと、詰まってしまいますし、溶けて流れることもありません。
自然に流れていくように設計されているのが排水管です。そのため、圧力をかけて強い力で押し流すことができず、汚水があふれてくるため、早めに対策をしていく必要があるでしょう。排水が機能しなければ、臭いなども出てきてしまうからです。

■キッチンの排水管が詰まるトラブル

キッチンでも排水管が詰まってしまうことがあります。トイレなどとは違い、キッチンは携帯電話などを落としてしまうようなことがありません。その代りに、食材のカスや油が原因となり、だんだんと流れにくくなっていくことがあります。
食材のカスは流さないようにネットを取り付け除去できるでしょう。これだけでもかなりの効果があるため、ネットなどは取り付けておくべきです。
油の問題はもっと深刻で、普段から洗い物をしているだけでも排水管に汚れがこびりついていきます。これが蓄積していき、他の汚れも巻き込みながら、排水管内の径を狭めてしまうのが問題です。対策としては油を絶対に流さないことが必要ですが、食器を洗うときに流れていくものもあります。パイプクリーナーなども定期的に使い、汚れが蓄積しないような対策が重要です。

■まとめ
排水管のほとんどは、内部がどうなっているのかもわかりません。普段から気をつけておくことが必要で、詰まるような異物は決して混入しないようにするのが大切です。キッチンのように管理をしていても、詰まってしまうことも出てきます。パイプクリーナーのような洗剤を使って定期的に洗浄するだけでも違いますので、メンテナンスを欠かさないようにするべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ